企 画 部

    
           

           
        お知らせ 
          平成30年度の事業を以下のように計画しました。
          ご応募の受付は4月以降となります。

          定員に限りがございますため、希望者多数の場合は抽選となります。
          また、会員の方を優先させていただいております。
          ご了承くださいますようお願いいたします。

 

                   
           問合せ先   研究会事務局  03−3371−8057




  保育講座のお知らせ


           *会場定員に限りがございますため、希望者多数の場合は会員の方を優先させていただいております。 ご了承くださいませ。

           ◎当日受講券を忘れずにお持ちください。

           会     場     文京シビック大ホール (春日駅)

           時     間     午後7時〜8時45分

           定     員     1,800名

           受  講  料      
1回 1000円   会員外  2000円

           講 座 内 容      下記のとおりです。

開 催 日 講 師 名 テ ー マ 募集状況 
 1  06月15日(金)   近藤 幹生

  白梅学園大学子ども学科 教授
「保育の質を高めるために保育者として何をすべきか
−新指針をどのように受け止めるか−


保育園だからこそ子どもにできることは何か、
子どもが毎日楽しく過ごすためには何が必要なのか、
新指針をふまえ自らの保育を考えていきましょう。
終了
 2  07月05日(木)   井桁 容子

  東京家政大学ナースリールーム
  主任保育士
「ていねいなまなざしで見る保育」


子どもたち一人ひとりの健やかでのびやかな育ちを応援するために、
保育者はどのように子どもたちの心を理解し
どのようなまなざしを持って関わるのかを学びます。
終了
 3  07月17日(火)   若月 芳浩

  玉川大学教育学部 乳幼児学科 教授
インクルーシブ保育の実践に向けて
−どの子も楽しいと思える保育を目指して−


子ども一人ひとりの発達を支え、
友達の中で生きいきと共に育つクラスづくりを
実践していくための理論と方法を学びます。
終了
 4  09月13日(木)   秋田 喜代美

  東京大学大学院教育学研究科 教授
保育・教育の質と子どもの発達」
−子どもの育ちをより豊かにするために−

遊びの中に子どもの学びがたくさんあります。
遊びに夢中になることでまた新しい世界が広がり成長へとつながっていきます。
どの子もより豊かに発達していくために保育や教育の環境において
何が大切なのかを先生のお話から深めていきましょう。

終了
 5  10月02日(火)   玉井 邦夫

 大正大学人間学部臨床心理学科 教授
「保育者として家族支援のあり方を学ぶ」


子どもの育ちの背景に家族が問題を抱えるケースが多くなっています。
保育者として保護者の心情に寄り添い、
理解を深めていくための対応を学びます。
終了
 6  11月01日(木)   大豆生田 啓友

  玉川大学大学院教育学研究科 教授
「子ども主体の協同的な学びが生まれる保育」


子どもが生きいきと遊ぶためには保育者が日々の保育の中で
子どものあそびを物語としてつなげていくことが大切です。
子どもたちの次のワクワク(学び)につなげていくために、
保育者は子どもと一緒に面白がること!
子どもの学びの物語を一緒に学びましょう。
終了

           

             



                            

         






  夏期ゼミナールのお知らせ


          *会場定員に限りがございますため、希望者多数の場合は会員の方を優先させていただいております。 ご了承くださいませ。

           ◎動きやすい服装・靴 でご参加ください。 
◎当日受講券を忘れずにお持ちください。

                        *両日同内容となります
           日程  場所     6月21日(木)  北とぴあ飛鳥ホール (王子駅)  
※21日は定員に達したため、募集は終了しました。 
                        6月22日(金)  オリンピックセンタースポーツ棟第1体育室 (参宮橋) 

           時     間     午後7:00〜8:45

           定     員     160〜240名

           受  講  料     1,500円 
                        会員外は 3,000円です。

           講     師     坪田 潤一郎 (ライズチャレンジクラブ)

                       

           講 座 内 容     「幼児(3歳児以上)の運動あそび」
                        子どもが楽しみながら、健康な心と身体を育むための運動遊びのポイントを学びます。







                            








  園長ゼミナールのお知らせ


           *会場定員に限りがございますため、希望者多数の場合は会員の方を優先させていただいております。 ご了承くださいませ。

           ◎受講券は当日忘れずにお持ちください。


           日     時     12月04日(火)

           時     間     午前10時から午後4時  

           場     所     練馬文化センター 小ホール (練馬駅)

           受  講  料     2,000円 
                        会員外は 3,000円です。

           テ  ー  マ     「子どもの非認知的な心の育ち」
                       ―保育におけるアタッチメントを通して考える―

                       アタッチメントが意味するところは何か、
                       子どもの発達の可能性を切り開くために子どもを取り巻く環境はどうあるべきか、
                       園長の視点から考え、知識を深めていきます。

           講     師     遠藤 利彦
                       東京大学教育学研究科 教授








                            








  副園長・主任ゼミナールのお知らせ

           ※ 定員に達したため、募集は終了しました。
           *会場定員に限りがございますため、希望者多数の場合は会員の方を優先させていただいております。 ご了承くださいませ。
          
          ◎受講券は当日忘れずにお持ちください。



           日     時     平成31年1月15日(火)

           時     間     午前10時00分から午後4時00分  

           場     所    
 北とぴあつつじホール (王子駅)

           受  講  料     2,000円 

                        会員外は 3,000円です。

           テ  ー  マ     「チーム保育で共に学び合い、職員の意欲と連帯を育む副園長・主任・リーダーの役割」 
                        同僚性を基盤にした”チーム保育”で学びあう職員集団を育んで行くことこそ、
                        子どもたちに多様な質の高い保育を可能にしていくことになるのではないでしょうか。
                        そのための副園長・主任・リーダー保育士の役割とスキルについて具体的に考えてみましょう。

           講     師     今井 和子
                       ことばと子ども研究会 代表

                                   
                     

                                                                
 


                            






  保育ゼミのお知らせ



           *会場定員に限りがございますため、希望者多数の場合は会員の方を優先させていただいております。 ご了承くださいませ。
           
           ◎受講券は当日忘れずにお持ちください。



           会     場     各ゼミ・各回毎に会場は異なりますので、ご注意ください。

           時     間     午後6時30分〜8時30分

           受  講  料      黒 須 ゼ ミ = 会員 5,000円 (1ゼミ3回)  会員外7,000円
                       黒須ゼミ以外 = 会員 4,000円 (1ゼミ3回)  会員外6,000円
              
           ゼミの内容
      下記のとおりです

   ゼミ名 日程  会場 講師名 テーマ 内容 募集状況
前期
ゼミ
藤田
ゼミ
06月06日(水)

07月06日(金)

07月20日(金)
 北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター501

オリンピックセンター101
藤田浩子

語り手
おはなしとわらべうた遊びの
実践を学ぶ
わらべうたや手遊び、お話の小道具や短いお話を
たくさん覚えて子どもと一緒に楽しみましょう。
藤田先生に教えていただきながら
以下@〜Cの内容を3回のゼミの中で行っていきます。
@手遊び・わらべうた(ふれあいあそび)
Aハンカチや新聞紙など身近なものを使ってできるお話
Bおはなしの小道具作り
C藤田先生の語りの実演
終了
久保
ゼミ
05月28日(月)

06月25日(月)

07月30日(月)
 北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター101

オリンピックセンター101
久保 健太

関東学院大学教育学部
子ども発達科専任講師
子どもが主人公の保育

−乳幼児期に育みたい力−
子ども自身が持つ力を理解しながら、
その時々の子どもの思いに寄り添い、
子どもが主人公になる保育の方法を学んでいきます。
終了
島本
ゼミ
05月29日(火)

06月26日(火)

07月31日(火)
 北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター101

オリンピックセンター101
島本 一男

諏訪保育園園長
乳幼児期に育てたい力と
これからの保育
1回目:乳幼児期に育てたい力ってなんだろう
2回目:「子どもの権利」の視点から保育をとらえ直す
3回目:プロセスの質を大切にした計画と評価
終了
後期
ゼミ
  
 黒須
ゼミ
10月09日(火)

11月20日(火)

12月18日(火)
 北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター101

オリンピックセンター101
黒須 和清

洗足こども短期大学
幼児教育学科教授
手作りおもちゃの制作 身近なものを工夫して、子どもたちと楽しく遊べる
手づくりおもちゃを黒須先生に教えていただきましょう。
終了
掛札
ゼミ
10月18日(木)

11月22日(木)

12月05日(水)
  北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター101

オリンピックセンター101
掛札 逸美

NPO法人保育の安全研究・
教育センター代表
保護者・園内コミュニケーションを変える

子どもの命、保育者のこころと仕事を
守る視点から
コミュニケーションは、子どもの命を守り、子どもの最善の利益を基本にして保育をする基礎です。
その考え方と方法を学びましょう。
終了

ゼミ
10月26日(金)

11月13日(火)

12月11日(火)
 北とぴあ飛鳥ホール

オリンピックセンター501

オリンピックセンター101
堀 科

東京家政大学家政学部
児童学科准教授
乳児保育

−記録を通して−
保育日誌や児童票、保育計画等、保育を行う上で
欠かせない記録の重要性や書く視点を学びます。
連絡帳については保護者支援という観点から学びを深めてまいります。
終了

                           

                  
                   
                   メ ー ル 申 込
                   hoiku@token-2.or.jp

                   以下必要事項をご入力の上ご送信下さい。追って振込先などをお知らせさせていただきます。
                   
                   @件名を「受講申込」としてください
                   A氏名
                   B連絡先 〒住所 電話番号 FAX番号
                   C受講希望企画名・人数
                  
                   ***注意事項***
                   お申し込みの受付けは4月以降となります。
                   受講料等に関しましては、会員の方は会員価格、会員以外の方は会員外価格となります。
                   また、希望者多数の場合は、会員優先となりますことをご了承ください。